株式会社種商」の「SUPER FOOD9がモンドセレクションでインターナショナル・ハイクオリティ・トロフィーを授与しました。

(当社が申請代理した製品ではございません)

スーパーフードナイン

引用:株式会社種商ホームページ

「SUPER FOOD9」はお米に混ぜて炊く穀物で、製品名になっているように栄養価のバランスを考え9つのスーパーフードをブレンドしています。

9つのスーパーフードの内容は「チアシード」「ヘンプシード」「キヌア」「アマランシス」「胚芽押麦」「発芽玄米」「黒米」「もち米」「大豆」です。

「インナーメイク」という考え方をもとに体の中から主食であるごはんで体をつくろうと日常的に取り入れられるよう考えたそうです。

白米に混ぜて炊くだけで白米よりも栄養価が高く食物繊維やカルシウム等が多く取れます。

ホームページで食物繊維は20.9倍、カルシムム16.4倍、鉄分3.7倍、ビタミンB₁3.2倍と公開しています。

「SUPER FOOD9」以外にも複数の製品が受賞しています。

株式会社種商は1948年(昭和23年)に設立し、「食」や「元気」を大切にするお客様が満足する商品を提供することを使命として70年以上消費者に寄り添ってきました。

そして、商品開発から10余年たち安全な製品を消費者に届けるために世界基準の品評会『モンドセレクション』に出品したそうです。

モンドセレクションへのエントリーエピソードをホームページで紹介しています。

”『自然の恵たっぷりのおいしい雑穀を作りたい!』そうして始まった商品開発から10余年…。
お客様からご好評のお声を多くいただくようになり、これまで以上に、安心で安全な商品をご愛顧いただけるよう、
世界基準の品評会『モンドセレクション』に出品しました。”

安心で安全な製品を消費者に届けたいという企業の理念がモンドセレクションへのエントリーにつながったようです。

企業理念の消費者に寄り添った製品開発のお陰で「全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト47CLUB」で株式会社種商の製品が取り扱われるようになりました。

やはり、安全性や安心感がない商品は誰かに紹介することはできません。モンドセレクションの受賞により客観的な品質の高さが証明されたからこそ製品が消費者に認知される機会が増えたと思います。プラスの相乗効果ですね。

スーパーフードライスボールボックス

引用:佐賀新聞LiVE

そして、地域の文化に根ざした贈り物を表彰する「日本ギフト大賞2019」の都道府県賞(佐賀賞)に「スーパーフードライスボールボックス」が選ばれました。

佐賀新聞LiVEで紹介された「スーパーフードライスボールボックス」の受賞記事の一文です。

‘彩りや栄養価の高いスーパーフードを手軽に食べられる点が高い評価を得た。商品は、県内の農家と契約栽培する黒米やもち米などで作った球状のおにぎりで、9個入り。抗酸化やエイジングケアが期待されるアサイーなどのスーパーフードを使い、おかか風味やココナツとスパイスが効いたエスニック風味など6種類の味が楽しめる。片手に乗るくらいの食べやすい大きさも好評で、女性を中心に支持を集める。担当者は「スーパーフードとご飯との組み合わせや形も珍しい。味のラインアップも豊富なのでみんなで楽しんでほしい」と話す。”

そして、たくさんの消費者に認知されたお陰でアスリートフードマイスター1級でプロテニスプレーヤーの中野祐美さん監修の「アスリートライスボール」も完成販売されています。

着実に認知度が上がっています。どんどん事業展開が広がりワクワクしてきます。

消費者に安全な製品を届けたいという想いからモンドセレクションへエントリーし、高品質な製品を作り続けたからこそモンドセレクションを受賞し、毎年継続することで連続受賞を果たしインターナショナル・ハイクオリティ・トロフィーの受賞もしました。そして、サイトや新聞で取り扱われるようになりました。どんどん認知され事業も広がっていきます。今後、広がるであろう可能性を想像し一消費者として期待します。

今年はオリンピックイヤーですので、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するために開発された中野祐美さん監修の「アスリートライスボール」注目を集める予感がします。

 

 

サプリメント用モンドセレクション申請代理サービスのHPはこちら